【あつ森】新要素!季節ごとに変化する雑草たち!雑草だけでもできるいろんなこと!

あつまれどうぶつの森の紹介映像の中から明らかとなったことや、 新情報を紹介していきます。

 

 

任天堂の紹介映像の中には、たぬきちとのやり取りの中に、 「ざっそう」が出て来ました。

あつ森の生活の中では、必須事項となりそうです。

しかし、前作までは、時間の経過と共に無限に生えてくる雑草であったため、処理するのに面倒くさく、あまりいいイメージがありません。

あつまれどうぶつの森における雑草はプラスのイメージがつくような使い方やシステムがあるのでしょうか。

雑草を売却できる!

紹介映像の中では、島内美化の一環として、雑草の買い取りができる、 とありました。

上の画像の中では、雑草を150ベルで売却できるようですね。

雑草の量と金額は関係あるのでしょうか?

上の写真を見てみると、雑草1つにつき150ベルもらえるようです。

紹介映像を見る限り、雑草は島のあちこちに生えており、かなりの数があるように見えました。

新作では、雑草を処理するだけでなく、お金に換えることができるため、アルバイト感覚で作業ができそうです。

雑草を生えなくする条例はある?

前作のとびだせどうぶつの森では、「きれいな村」という条例に設定すると、雑草が村に一切生えてこなくすることができました。

しかし、あつ森では、島で生活するため、条例という形ではないと考えられます。

街へいこうよどうぶつの森では、「ゆうたろう」という存在がありました。

ゆうたろうによって、村の雑草をすべて抜くことができましたが、そもそもゆうたろうと遭うのが大変でした。

あつまれどうぶつの森では、何かしらの形で雑草が生えてこないようにできたり、島の雑草を0にできたりすると思います。

四季で変化する“ざっそう”

写真で比べると分かりやすいですね。

春はふきのとうでしょうか。

夏はねこじゃらし、秋は芒(のぎ)がついていますね。

冬はよく分かりませんが、季節感を演出してくれていますね。

まとめ

  • 少額だけど雑草はお金に換えられる
  • 雑草が生えてこなくなる設定は、新作でもありそう
  • 季節によって雑草の外見が変わる

季節によって、生えてくる植物も変わり、より気ままな暮らしを楽しめそうです。

こんな感じで、あつ森に生える雑草、植物についてまとめてみました!

あつ森では、花や木以外にも、自然をより楽しめそうですね!

今回はこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました