【あつ森】新作には島の細かなこだわりがある!?制作スタッフがこだわった足音や自然について

あつまれどうぶつの森の紹介映像の中から明らかになったことや、新情報を紹介していきます。

制作スタッフによる、意外と知らない隠された要素が詰まっているみたいです。

さっそく見ていきましょう。

こだわった島の自然!

あつまれどうぶつの森では、任天堂が細かいところまでこだわって制作されています。

意識しないと分からない点もあるので、それを紹介していきます。

あつ森へのこだわりを見ていきましょう。

地面・床を歩く足音

あつ森では、砂浜や草の生えた地面を歩くときの足音に、実際に歩いている音が使われています。

簡単に言うと、任天堂の制作スタッフが、実際に草の上や、砂の上を歩いた音を録音して、撮った音をゲーム内に持ってきて使っているということです。

これによって、プレイヤーがゲーム内により入り込みやすくなり、ナチュラルな演出ができるようです。

風で木々が揺れる

あつ森では、日によって、風が強い日があるそうです。

そのときは、木の葉が揺れて、島の空気感を演出してくれます。

前作では、風を感じられることがほとんどなかったため、これもあつ森にしかない違いですね。

 

ここでの気づきがそれだけでなく、あつまれどうぶつの森では、さらに細かい天気(晴れ・雨以外)があるということです。

そうなってくると、釣れる魚や採れる虫の条件が増えてきそうです。

天気予報の機能があればいいな、と思ったりもしてしまいますよね。

まとめ

・砂浜、草の上の足音のリアリティUP!

・風で空気感UP!

あつ森ではプレイヤーの没入体験を大事にしている、と先行プレイ動画では言っていました。

さらに多くの工夫があると思うので、これからもどんどん見つけていきたいと思います!

今回はこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました