大学生

【大学生】サークルに入らなくても全く問題ないです【現役大学生が教えます】

 

悩んでいる人
大学で、サークルに入らないのはアリ?正直、入りたくないです…

今回は、こんな悩みに答えます。

 

結論から言うと、サークルに入らなくても、全く問題ありません。

大学でサークルに入っていた経験から、サークル活動に対する考え方を、深掘りしていきます。

 

今回の内容

  • サークルに入らなくてOKです
  • 大学生活は楽しめる
  • 考える際の注意点

 

この記事を読めば、無理にサークルに入らなくても良いことが分かるため、不安や焦りがなくなりますよ。

 

 

サークルに入らなくてもOKです

サークルに入りたくもないのに、サークルに所属すると、サークルが自分にとってデメリットでしかなくなります。
その理由を詳しく見ていきます。

 

時間が無駄

時間がなくなるというのは、サークルの一番のデメリットと言えます。

大学生は暇なのでサークルをするのですが、、

 

勉強・バイトの時間にした方がいい

サークル活動は本来、楽しんだり、プロジェクトを成し遂げたりするものですが、そこに対して不安で、かつ、楽しめないのであれば、他のことに時間を割かなくてはいけませんよね。

暇な時間 = サークル or 遊び

と考えるのは、幼稚ですし、勿体ないですね。

大学の勉強の他にも、学んでみたいことや、アルバイトの時間に使った方が、何より自分のためになります。

 

精神的に疲れる

団体行動に苦手意識がある人は、サークル活動で神経をすり減らしてしまうことがあります。

 

役割がある

サークルに所属すると、サークル内の役割を割り振られることがあります。

例えば、

・サークル長
・集金する人
・体育館、ステージ等の予約
・飲み会の日程決め

 

こんな感じです。

楽勝と言えばそうですが、苦手な人は、責任を感じてしまって、サークルが嫌になってしまうことがあります。

正直、リターンがないですし、楽しくなければ無駄です。

 

日程に縛られる

サークルは団体活動なので、集まる日が決まっています。

ですので、自分の自由がなくなってきて、精神的に疲れる原因になってしまいます

 

大学に来てまで、今までの部活のような雰囲気は、きついと思います。

自分が嫌だと感じたら、絶対に避けるべきです

 

 

大学生活は楽しめる

悩んでいる人
サークルに入らないと、大学生活エンジョイできないんじゃ…

こう考える人もいるかと思います。

 

やりたいことをすること

大学生活は、かなり長い期間用意されてあります。

人生でこんな自由時間がある期間は、ほぼないため、自分がやりたいことに集中することが肝心です。

 

サークルは二の次と考える

大学で楽しむ = サークル

と考えている人は、その考えを捨てた方がいいです。

 

やりたいことを見つけ、それに没頭していく中で、サークルに入りたくなったら入ればいいのです。

急いでサークルに入っても、目的意識がないと、時間を無駄にしてしまいます。

 

勉強だけで十分

「やりたいこと」と言っても、特に思いつかない人は、勉強をしましょう。

学生の本業は、勉強をすることです

ですので、サークルに入るべきか、などと考える必要がないのです。

 

実際に、サークルに所属していない学生もたくさんいますよ。

大学生は結構、自分の好きなようにしている人が多いです。

 

 

考える上での注意点

ここからは、サークルに入るか考える上で、陥りやすかったり、注意する点について説明していきます。

 

視野を狭くしない

サークルに入るかどうかで悩んでいる人は、視野が狭いです

これは言い過ぎかもしれませんが、事実です。

 

視野を広く持つことで、サークルなんて気にせず、自分が過ごしやすい生活ができます。

 

悩んでいる人
視野を広くするには、どうすればいいの?

この答えは、以下の通りです。

・本を読む
・ためになる動画を見る
・ネットで調べまくる

 

これらは、いずれも一人でかつ、すぐにできることばかりなので、実践してみてください。

 

周りと比較しない

サークルだけではありませんが、周りの人と比較しないことです。

大学生は自由なため、自分の判断で、物事を選ぶようにしましょう。

 

周りと比較すると、自分を責めてしまう原因となり、つまらない大学生活になってしまいます。

 

 

まとめ

今回紹介した内容を、簡単にまとめていきます。

 

ポイント

・サークルに無理に入らなくてもOK
・時間の無駄のないようにする
・サークルがなくても楽しめる
・やりたいことをすること

 

サークルは団体行動ですので、楽しめる人と、そうでない人がいるのは、当たり前です。

過ごしやすいサークルを探してみるのも、いいかもしれません。

-大学生

© 2021 カレッジ・ルート Powered by AFFINGER5