冒険の書

「自分が納得できること」だけをやれ!【本心に従うべき】

 

日本人の多くが、子どもの頃に、親や先生の言うことを聞いて育ってきました。大人になり、社会人になってからも、上司や先輩の指示に従いつつ、会社に貢献することができています。

 

そんな中で、こんな思いもあります。

 

「ずっとこのままでいいのだろうか」

「なんか、こうパッとしない」

 

しっかりとやるべきことをやって、素晴らしい人生を送っているはずが、なぜかモヤモヤが立ちこめるときがあります。

この原因は一体何なのでしょうか?

 

自分の言うことを聞くべき

 

ケント
大学を卒業して、それからは就職するんですが、なんかパッとしないんですよね…。不安というか…。

 

就職できるならいいじゃない。
ゆめかわ

 

ケント
まぁ、そうですけど。

 

でも、本心に反していないかチェックはするべきね。
ゆめかわ

 

ケント
「本心」ですか?

 

そう。直感みたいなものね。

本当は配信とか、Youtubeとか、やってみたいことがあるのに、それを押し殺したりはしてない?

ゆめかわ

 

ケント
まぁ、前に少しだけ思ったことはありますけど、上手くいくのはほんの一握りですよね。

 

多くの人は、失敗することを恐れているの。だから挑戦するのも怖くなる。

本心では「これがしたい」というのがあるのに、「どうせ自分には無理」「才能がある人だけでしょ」と言って、挑戦しようともしなくなる。

やがて、本心は徐々に薄れていき、「したくもないことをするのが強い人間、あるべき姿だ」とか言うようになり、気づいたら本心とかけ離れている…。

ゆめかわ

 

ケント
うげっ!

 

ハハハ!驚かせちゃった?ごめんね。

でも、何か思い当たる所はあったでしょ。

ゆめかわ

 

ケント
思い当たりまくりでした…。

 

「多くの人は失敗を恐れる」って言ったけど、「失敗を恐れる」ことの原因を考えたことある?
ゆめかわ

 

ケント
原因ですか…。

失敗がイヤだからですかね。

 

なんでイヤなのかは分かる?
ゆめかわ

 

ケント
うーん。

失敗が恥ずかしいから?

 

それもあるね。

でも、失敗を恐れるのは、周りの人が原因なの。

多くの人は、知らないうちに、家族、友達、親戚などのことを意識している。しかも、無意識のうちに意識するから分かりづらい。

ゆめかわ

 

ケント
周りの目か…。

どうしても気にしちゃいますね。

 

気にしちゃうのは仕方のないことだけど、周りの人に流されないことが大事

中学、高校のときは、クラスや部活があって、その中でうまくやるしかないんだけど、大学生、社会人になって、どこへ行くのも自由だし、枠組みの中でうまくやる必要もなくなるからね。

ゆめかわ

 

ケント
たしかにそうですね。

 

納得することを見つけるコツ

 

ケント
でも、すぐには「これがしたい!」というのが見つからない気がします…。

 

誰だってすぐには見つからないよ。

でも、一つだけ見つけるコツがあるの

ゆめかわ

 

ケント
コツですか!教えてください!

 

それは、「イヤなことは絶対にしない」ということ。

例えば、人前に立ちたくない、早起きしたくない、命令されたくない、とか、いろいろあるよね。

そう考えていくと、自然とイヤなことは、将来の選択肢から外れていく。そして、徐々にしたいことが見えてくる。

ゆめかわ

 

ケント
ほう。その考えはなかったですね。

 

人それぞれイヤなことは異なるから、とにかく周りは気にせず、自分がイヤだと思うことを思い出してみてね。
ゆめかわ

 

ケント
分かりました。やってみます!

 

それでも見つからない人のために、最終手段があるんだけど、聞きたい?
ゆめかわ

 

ケント
え…、 聞きたいです…。

 

クラナドってアニメは知ってる?
ゆめかわ

 

ケント
結構感動するやつですよね?

 

そうそう!

クラナドの冒頭に出てくるシーンで、何もない草原だけの場所があるでしょ?空想の世界っていうか。

ゆめかわ

 

 

ケント
ロボットが出てくるシーンですよね。知ってます。

それに何が関係あるんですか?

 

今から言うね。

その何もない世界に自分がただ一人座っているのを想像してみて。そこで自分がしたいことをパッと思い浮かべるの。

人間関係、学歴、コンプレックス、容姿、劣等感…。たった一人の世界で、そういったものがすべて取り除かれたとき、自分は何をしたいのか考えるの。

しょうもないことでも、馬鹿げたことでもいい。ただ単に、したいことだけを取り出していく。

ゆめかわ

 

ケント
うわぁ…。なんだか眠くなりそう…。

 

ふふ…。

要は、周りの目を気にせずに、自分のしたかったことを取り戻す方法ってこと。

私もたまに、この世界に行くことがあるくらい、便利な世界だからオススメするよ。

ゆめかわ

 

ケント
へー。

「すべてが取り除かれたとき、自分は何をしたいのか」か…。

 

それが自分が納得できることだったりするから、ゆっくり考えてみてね。
ゆめかわ

 

ケント
そうします…。

 

 

まとめ

 

自分が納得できることが見つかったでしょうか?

 

自分がしたかったことは、時間の経過によって少しずつ変わってきたり、すぐには見つからないことでもあるので、焦らずにゆっくり探しつつ、生きていきましょう。

途中に出てきた「周りに流されないこと」は、できそうで、多くの人ができていないことでもあります。どんなに周りに流されやすい人でも、「自分はこれで生きていく」と決心ができるまでになれます。まずは考え方を変えることから始めてみましょう。

 

ま・と・め!
ゆめかわ
  • 自分の本心に従うこと
  • 多くの人は挑戦できていない
  • 周りの目は気にしなくていい
  • イヤなことは絶対にしない

 

-冒険の書

© 2021 カレッジ・ルート Powered by AFFINGER5