ブログ

【大学生なら余裕】ブログで稼ぐための正しい4つの手順を公開【ターゲットをしぼる】

 

悩んでいる人
ブログは稼げるって聞いたのですが、具体的にどうやって稼いでいくのか教えてほしいです。

 

こんな悩みに答えます。

 

この記事では、ブログの基礎知識(SEO、アフィリエイト等)をある程度理解した上での内容を書いています。

 

今回の内容

  • ブログで稼いでいく流れ
  • ①:案件を探す
  • ②:ターゲットをかなりしぼる
  • ③:キラーページを作る
  • ④:集客記事を書き続ける
  • 最強のコンテンツを目指すべき

 

再現性のある、ブログで稼いでいく方法を理解できます。

正直、コツコツ頑張れる大学生なら、ブログで稼ぐのは余裕な気がします。

 

 

ブログで稼いでいく流れ(必ず守ること)

 

個人でブログで稼いでいくにあたって、稼ぎ方があります。

最初に言うと、「ブログで稼ぐ」=「アフィリエイトで稼ぐ」ことですので、アフィリエイトで稼いでいきます。

 

流れは以下の通りです。

  1. 案件を探す
  2. ターゲットをかなりしぼる
  3. キラーページを作る
  4. 集客記事を書き続ける

 

一度に理解することは難しいかもしれないので、何度も読み直すことをオススメします。

 

私も真剣に書いていくので、みなさんもついてきてください。

それでは一緒に見ていきましょう。

 

 

稼ぐ手順①:案件を探す

 

 

ブログで稼ぐためには、何かしらの商品を売っていく必要があります。

 

悩んでいる人
商品を売る…?そんなことできんの?

こう思うかもしれませんが、これにも方法があるので安心してください。

 

商品の決め方は以下の通りです。

  1. 案件サイトに行く
  2. 案件を選ぶ(選び方)

 

順に説明していきます。

 

商品の決め方①:案件サイトに行く

 

アフィリエイトをするには、案件サイトに行けば簡単にできます。

 

よく使われる案件サイトはこんな感じです。

  • A8.net
  • もしもアフィリエイト
  • afb
  • アクセストレード
  • バリューコマース

 

案件サイトによって扱う案件が異なります。

すべて無料で登録できるので、まずはググってみましょう。

 

各案件サイトの特徴は、以下の記事にまとめています。

参考【初心者におすすめ】アフィリエイトに必須なASPを5つ紹介

続きを見る

 

商品の決め方②:案件を選ぶ

 

案件サイトに登録できたら、案件を選んでいきます。ブログのジャンル決めにあたります。

 

案件を選ぶ際ですが、気をつけるべき点が3つあります。

  • これから廃れないもの
  • 単価が5000円程度の案件が理想
  • 自分が書けそうなもの

 

軽く説明していきますね。

 

選ぶ条件①:これから廃れないもの

 

ブログで安定して稼ぐのは難しいですが、一時的に人気のある商品だけを売っていては、のちに収益が激減して、ブログをやる意味があまりなくなります。

 

そのため、将来的に見て、ある程度需要のある商品に決めるようにしましょう。

例えば、

  • 恋愛
  • 筋トレ・ヨガ
  • 転職
  • プログラミング
  • 宅配

 

時代は動き続けていますが、上記のものは、すぐに需要がなくなることはないです。

 

 

選ぶ条件②:単価が5000円程度の案件が理想

 

ブログで稼いでいくためには、単価の高い(1,000円~5,000円)案件の商品を売る必要があります。

 

悩んでいる人
高額な商品はそもそも売れなくない?

と思いますが、個人で少ないアクセス数で稼ぐためには、単価の高い商品を売る方が、圧倒的にラクです。

 

その理由は、実際に計算してみると分かります。

 

月10万稼ぐには…

 

1つ5000円の案件の場合

100,000円 ÷ 5,000円 = 月に20個売る必要がある

 

1つ100円の案件の場合

100,000円 ÷ 100円 = 月に1000個売る必要がある

 

5000円と100円と、極端な例ですが、安価な案件ほど数多く売る必要が出てきて、ハードになってきます。

 

思い切って、3,000円~5,000円ほどの案件から選んでみましょう。

 

 

選ぶ条件③:自分が書けそうなもの

 

自分でブログ運営をするため、その案件に接点がないと記事を書けませんよね。

ですので、自分が書けそうな案件を選びましょう。

 

悩んでいる人
そもそも書けそうな案件がない…。

最初はこう考えちゃうのも当然です。

 

コツは、自分が経験した悩みやツラい経験を思い返し、解決する商品(案件)を探すことです。

例えば、

  • せっかく入れたIT企業を辞めた過去がある→転職系
  • プログラミングの勉強で訳分からなかった→プログラミング系
  • 中肉中背で自信が持てない→筋トレ/ダイエット系

 

自分が達成できていなくても問題ナシです。勉強しつつ、記事にしていけば、それだけで親近感のあるブログが出来上がります。

 

 

ここまでしっかり完了したら、すでに芯はできています。

 

 

稼ぐ手順②:ターゲットをかなりしぼる

 

案件(売る商品)が決まったら、ターゲットをしぼっていきます。

 

悩んでいる人
ターゲットって、商品を使う人のことでしょ?

こう思うかもしれませんが、それだけでは、サイトが上位表示されません。

すでに、企業サイトやドメインの強いサイトが上位を占領しているためです。

 

ではどうするかと言うと、「ターゲットをかなりしぼる」ことが”カギ”となります。

具体的には、

  • ひょろひょろ男子のための筋トレブログ
  • スキルを身につけたい大学生のためのプログラミングブログ
  • 「会社が合わない…」と悩む新卒社員のための転職ブログ

 

こんな感じで、ターゲットを「性別」「年齢」「職業」「どんな状況か」を想定して、しぼったターゲットだけに刺さるブログにしていきましょう。

 

こうすることで、ターゲットにとって、あなたのブログがとっておきのコンテンツとなり、商品の売れ行きもグっと伸びます。

ターゲットをかなりしぼることは、グーグルの定める「専門性」の部分にもあたります。

 

ここまでが、サイト設計にあたる部分です。

 

 

稼ぐ手順③:キラーページを作る

 

ここからは、実際に記事を書いていくのですが、まず始めに書くのは「キラーページ」です。

キラーページとは、収益記事とも呼ばれ、収益を生み出すための記事を指します。

 

タイトルによくあるのが、

  • おすすめ配信サービス5選
  • クレジットカードを使ってみた感想と口コミ
  • Uber eatsのメリット3つ

 

このように、記事のタイトルが「おすすめ○選」「感想・レビュー」「メリット○つ・デメリット○つ」「購入手順」などは、読者が実際に商品を買おうとしているため、成約につながりやすいです。

 

戦略としては、上にある画像の通り、後に説明する集客記事でアクセスを集め、キラーページで案件を売っていきます。

理由として、キラーページは競合が多く上位表示しにくいため、集客記事によってアクセスをキラーページに集めることで、収益を発生させるためです。

 

キラーページの書き方は特殊で、セールスライティング学ぶ必要があるので、以下の記事にまとめておきました。

参考収益を出せるキラーページの書き方を8つの手順で解説【メリット・デメリットを書く】

続きを見る

 

初めてキラーページを作るときは、かなり時間を要しますが、ゆっくりでいいので、きちんと作っていきましょう。

 

 

稼ぐ手順④:集客記事を書き続ける

 

キラーページができたら、あとは「集客記事」を書いていくだけです。

集客記事とは、読者が検索エンジンによってブログを訪れた人を、キラーページに流す記事のことです。

もっと言うと、集客記事はネット上に露出を多くするための要素となります。

 

集客記事を書いていく上で必ず意識することは、

  • しぼったターゲットの悩みを解決する記事であること
  • 作ったキラーページと関係がある記事であること

 

この2つが重要です。

 

しぼったターゲットの悩みを解決できる記事であれば、読者にとって有り難いブログとなり、専門性もかなり上がります。

また、キラーページと関係がないと収益が発生せず、意味のない記事となってしまいます。

 

例えばこんな記事を書いていきます。

・20代女性のためのダイエットブログの場合

  • 【自宅でOK】20代女性が毎日3分でできるダイエット方法
  • 【3ヶ月でできる】女子が下腹をなくすためにやるべきこと
  • 20代女性は食事制限をしてはいけない理由5つ

 

20代女性の場合、若い女性ならではの悩みを考慮し共感を得るようにして、オンラインフィットネスやジムの無料体験等のキラーページにつなげます。

 

・大学生に向けたプログラミング学習を始めるブログ場合

  • 大学生はHTMLから始めるべき理由3つを解説
  • 【大学生向け】最初に学ぶべきプログラミング言語おすすめ3つ
  • プログラミング学習で行き詰まったときの対処法5つ

 

「大学生+プログラミング」なら、多くが初心者であることを考えた上で、プログラミングスクール入会のための記事(キラーページ)に流していきます。

 

こんな感じで、ターゲットの悩みを解決していく記事を書いていきます。

まずは10~20記事ほど書いていきましょう。

 

悩んでいる人
そんなにたくさん記事を書ける自信がない…。

こう思うかもしれませんが、アイデア不足で困ることはまずないです。

 

その理由も含め、アクセスの増える記事の書き方を載せておきます。

参考【6ステップで書ける】アクセスの増える集客記事の書き方を解説

続きを見る

 

集客記事の書き方をおさえておけば、記事をガンガン量産できるので大丈夫です。

 

 

最強のコンテンツを目指すべき

 

ブログで収益を出すコツは、一部のユーザー層にとって、一番有益なコンテンツを作成することです。

 

今回紹介したのは、そのための手順に過ぎません。

お金のためではなく、必ずユーザーのためのブログというのを忘れずに記事を作成していきましょう。

 

長い内容でしたが、ここまで閲覧いただきありがとうございました。

 

 

 

-ブログ

© 2021 カレッジ・ルート Powered by AFFINGER5