大学生へ

【新入生】友達作りで抑えておくべきポイントと注意点を解説

 

悩んでいる人
大学で友達ができるか不安です…

今回は、こんな悩みに答えます。

 

 

結論から言うと、誰でも友達は作ることができます。おそらく、悩みすぎですね。

 

私も、大学に入学した当時は、不安でしたが、自然と友達を作ることができました。

 

今回の内容

  • 頑張る必要ナシです
  • 友達ができる3つのパターン
  • 友達作りのポイント

 

これを読めば、大学での友達の作り方には、もう悩まなくなりますよ。

 

 

頑張る必要ナシです

大学とか関係なしに、友達作りにおいて、頑張ろうとするのは間違いですね

その理由を見ていきます。

 

友達は自然にできるもの

 

誰もが経験があると思いますが、友達を作ろうとするのではなく、気づいたら友達になっている場合がほとんどです。

 

実は、それは正解で、気の合う者同士集まることで、友達になります。

 

言い換えれば、気を遣わない人関係になっていれば、もう大丈夫ですよ。

 

 

頑張ろうとしないこと

 

友達ができないと、どうしても焦りますが、だからといって、努力する必要はないです。

 

友達というのは、何気なく語り合える関係のことを指します。

 

親密な関係になれる人数は、少ないのが当たり前ですし、最悪0人でも、関係性を深めていけばいいだけの話です。

 

 

友達ができる3つのパターン

大学生が友達を作るのには、大きく3つの集団に属するのが速いです。

 

サークル

 

大学生と言ったら、サークル活動って感じがしますよね。

 

私も、一年生のときにサークルに入り、友達を作ることができました。

 

悩んでいる人
サークルはどこに入ればいいの?

最初は、サークルに対して不安がありますが、サークルに入る理由は、

・中学/高校でやっていたことを続ける

・興味があるものに入ってみる

・イケメン/美女がいそうだから入る

 

こんな感じで、理由は何でもいいので、入ってみてください。

 

経験上、「友達を作りたい。」と思ったら、サークルに入ってみるのが、一番手っ取り早い気がします。

 

 

学科

 

誰もが必ずどこかに所属する、学部学科内でも、友達は作れます。

 

なぜかというと、

・授業で話す機会がある
・毎日顔を合わせる
・気がある人を見つけられる

 

このあたりですね。

 

私が今一番話してて楽しいのは、この学科の友達です。勉強を教え合うので、仲が深まりやすいですね。

 

学科内では、将来の目標が似ている人が多いため、気の合う人と出会う確率は高いです。

 

 

バイト

 

大学生でアルバイトをする人は多く、バイト先で知り合いにあることは多々あります。

 

バイトでは、先輩、後輩といった、縦の関係が増えたり、別の学校の知り合いができたりします。

 

しかし、これはあくまでも、給料を貰うために来てるのであって、友達を増やす目的の人はいないことに注意しましょう。

 

 

友達作りのポイント

ここからは、ちょっとした考え方や、注意点を書いていきます。

 

SNSは使わなくていい

 

最近よくあるのが、入学前に主にツイッターやラインで、友達を作っておく、みたいなことがありますが、SNSでの友達作りは、しなくていいです

 

人間は、顔や仕草、声などで、人を判別するため、SNSで友達になるのは、正直、本当の仲とだと言えないですね。

 

よく言われる「よっ友」ですが、「知り合いなのに友達じゃない」的な人がいると、大学生活の居心地が、少し悪くなります(実体験です)。

 

 

友達は少なくてOK

 

ここまで友達ができるケースを紹介してきましたが、友達は少なくても、何も問題ありません。

 

こんなことを言うと、

悩んでいる人
友達が少ないと、大学生活が楽しめないのでは…

こう考える人がいますが、友達が少ない人ほど、楽しんでいるように見えることが多々あります

 

例えば、

・毎日少人数のサークルの仲間とバンドの練習をする
・同じゲーム仲間で夜飯を食べに行く
・勉強仲間で教え合いをする

 

新入生は、大学生活に対して、キラキラを思い描きがちですが、実際には、こんなもんです。

 

というか、少人数で楽しんでいる人がほとんどですよ。

 

言ってしまえば、中学、高校とあまり変わりがないかもしれません。

 

 

まとめ

今回紹介したことをまとめていきます。

 

ポイント

・頑張る必要ナシ
・友達は自然にできるもの
・サークル、バイト、学科で友達を作る
・SNSで友達を作らない
・友達が少なくてOK

 

大学での友達作りは、不安ですが、悩む必要は全くありません。

 

テクニックとかは、何も要らないため、自然な感じでいきましょう。

 

 

-大学生へ

© 2021 コツコツブログ Powered by AFFINGER5