大学生

【誰でもできる】大学生ニートから変わるための3つの手順を紹介

 

悩んでいる人
大学生なのですが、ニートっぽい生活をしています。これからどうすればいいですか?

今回は、こんな悩みに答えます。

 

結論、ニートの人は、考え方が欠けている場合が多いので、そこを変えるのが手っ取り早いです。

 

私は、大学生ですが、3つのステップを進むことによって、生活がガラッと変えることができました。

 

 

大まかに、次のような流れで説明していきます。

今回の流れ

  • まずは、考え方を変える
  • 行動に移す
  • 工夫しつつ、継続する

 

誰でもできることばかりなので、一緒にやっていきましょう。

 

 

その①:まずは、考え方を変える

アクションを起こすには、何事も、自身の考えを変える必要があります。

その方法を見ていきます。

 

考え方の変え方

 

そもそも、

悩んでいる人
考え方なんて変えられるものなんですか?

こんな風に思うかもですが、考え方は誰でも変えることができます

 

 

本を読む

 

本を読むのが大事とは、よく言われますよね。

 

こう言うと、

悩んでいる人
本なんかで変われたら、苦労しないし、みんな変われているよ。

こんなことを言うと思います。

 

しかし、「考え方を変えられない。」と思っている人ほど、本を読んでいないケースがよくあります

 

この段階での、本を読むメリットは、

・考え方を身につける

 

たったこれだけなんですよね。

 

自分が読みたいと思った本を読んでみて、「違うな。」と思ったら、やめればいいだけです。

 

 

ネットで調べる

 

大学生ニートの人は、ほぼネットの時間のはずです。

 

その時間で、何か調べてみるのも、かなり効果的です。

 

悩んでいる人
たまに調べてはいるものの、何も変わりません。

こう思うかもしれませんが、それで大丈夫です。

 

本当に変わりたいと思っているのなら、少しずつ方向転換できているので、安心していいです

 

本とネットに共通していることは、多くの著名人の言葉を聞くことが、大事だという点です

 

私も、少しずつですが、この方法で変わることができました。

 

 

考え方を変える上でのポイント

考え方を変える上で、私自身が意識してきたことや、アドバイスを紹介します。

 

 

いろんな人の意見を聞く

 

先ほども、「多くの人の言葉を聞くこと。」と言いましたが、考え方を変えるには、これしかないんですよね。

 

そのために手段として、本、ネットがある、ということを理解してもらいたいです。

 

どんどん調べていると分かってくるのが、

・言っていることに共通点が見えてくる
・何をすべきか分かってくる
・難しいことはしなくていい

 

こんな感じのことが、自分で理解でき、考え方が変わってきます。

 

多くの言葉から、共通点がすぐ分かるので、それを自分のものにする感覚です。

 

 

取捨選択をする

 

多くの情報を取り入れていると、「あれもこれも大事。」となってしまい、矛盾点が発生します。

 

これは、情報の取捨選択ができていない、という状態です

 

私の場合、最初は、

ホリエモンの言葉を聞く → 納得する

 

でしたが、

 

他の人の言葉を聞く → ホリエモンの考えは合わない

 

結果、ホリエモンの考え方は、自分には合わないことに気づきました。

 

何が言いたいかというと、多くの情報を取り入れることで、自分が納得できる考えを、取捨選択できるようになるのです

 

 

その②:行動に移す

 

考え方を変えられたら、次は、実際に行動に移していきます。

 

好きなことでなくていい

 

行動すると言っても、

 

悩んでいる人
具体的に何をすべきなのか、分かりません。

普通ならこう思います。

 

よくネットの記事で、「『好きなこと』、『やりたいこと』をするのが良い」とありますが、ここには罠があります。

 

「したいこと」だと、勉強や筋トレはしなくて、ゲームをしたいからする。

 

これでは、普段と変わりありませんよね。

 

ではどうするのかと言うと、

 

なりたい自分や目標を持ち、それを達成するための手段を選ぶ

 

これが大切です。

 

例えば、

・お金が欲しいから、ブログを頑張る
・モテたいから、筋トレをする
・人気者になりたいから、Youtubeを頑張る

 

こんな感じが良いと思います。

 

こう見ると、どれも大変なことばかりで、好きなことではありませんが、目標があるから頑張れるのが分かります

 

行動することは手段でしかなく、目的を果たそうとすることが大切です。

 

 

1分だけやってみる

 

「行動する」といっても、最初から動き出せないのは、当たり前のことです。

 

ここで1つ、コツを紹介します。

 

最初の目標を、「1分だけ取り組む」とし、やってみることが大切です

 

 

筋トレ / 勉強と同じ

 

「筋トレ」「勉強」と聞くと、なんだかやる気が起きなくなります。

 

しかし、1分だけでいいと思うことで、気が楽になりますよね。

 

そうすることで、毎日やる習慣が身に付き、継続できるようになります。

 

「何か行動する」となると、嫌なことが多いですが、この1分だけ試す方法で乗り越えることができます。

 

私も、習慣付くまでは、この「1分法」で、筋トレや勉強を継続することができました。

 

 

その③:継続する

ここまで来れたら、あとは継続するのみです。

 

9割は継続することはできない

 

こんなことを急に言われると、下を向いてしまうかもしれませんが、逆に、

 

継続できたら上位1割に入れる

 

こう考えることもできます。

 

実際に、周りを見ても、何かを継続できている人は少ないはずです

 

それだけ、継続することの難しさが分かると思います。

 

 

しかし、やればいいだけの話

 

継続して結果を出せるかどうかは、試行錯誤しつつ、アクションをし続けるしか方法はないです。

 

継続するポイントとして、

・集中できる環境にする
・毎日やる
・誘惑を絶つ

 

この3つが重要です。

 

結局は、集中できる環境で、進み続けるだけです。

 

詳しくは、こちらの記事に書きました。

【大学生】ゲーム依存症を脱却できた理由【超楽勝5ステップで解説】

続きを見る

 

 

前を向き続けましょう

 

継続していると、結果が出なかったり、途中でやめたくなります。

 

そんな時でも、前を向き続けることが大切です。

 

 

後ろ向きはNG

 

わたしの経験上、後ろを向いたことによって、得られたものはなかったんですよね

 

疲れたら一旦休憩するのは、全然OKですよ。

 

何かダメなことがあったら、何が悪かったのか考えることで、前に進めているのを感じられます。

 

結論、失敗しても、それを改善すれば、前に進めているのでご安心を。

 

 

まとめ

今回説明してきたことをまとめていきます。

 

POINT

①:考え方を変える

②:行動に移す

③:継続する

 

「何かをしたいけど、何すればいいのか分からない。」という人は、是非この手順で、何かを継続するとこまで、やってみてください。

 

私も、この方法で、大学生ニートを脱出することができましたので。

-大学生

© 2021 カレッジ・ルート Powered by AFFINGER5