ブログ

【ワードプレス初心者必見】必ず入れるべきプラグイン6つを紹介

 

悩んでいる人
ワードプレスを始めたばかりなんですけど、プラグインは何がいいのか教えてほしいです。

 

こんな悩みに答えます。

 

今回の内容

  • プラグインの導入手順
  • 最初に入れるべきプラグイン6つ

 

最初に導入するべきプラグインが分かるので、ブログの良いスタートが切れます。

 

 

プラグインの導入手順

まずはプラグインの導入方法から軽く説明します。

とても簡単です。

 

 

左のメニューから「プラグイン」を選択します。

 

 

 

次に、画面の上部にある「新規追加」をクリックします。

 

 

 

右上の空欄になっている部分に、プラグイン名を入力して検索します。

 

 

インストールしたいプラグインが見つかったら、「今すぐインストール」を押します。

押すとすぐにインストールが始まります。

 

 

 

左のメニューの「プラグイン」を再び押すと、インストールしたプラグイン一覧を見ることができるので、「有効化」をクリックすることで、プラグインを利用することができます。

 

 

最初に入れるべきプラグイン6つ

 

①:Classic Editor

 

「Classic Editor」は、ブログ記事を書くためのエディターを旧式にするプラグインです。

Classic Editorを入れないと、「Gutenberg」というエディターを使うことになりますが、これが使いにくいです。

 

旧式の方が使いやすいため、多くの人がClassic Editorを利用していますね。

 

 

②:Google XML Sitemaps

 

Google XML Sitemapsは、サイトマップを作成するプラグインです。

 

サイトマップとは、検索エンジン(Google等)に自分のブログの構造を伝えるためのものです。

SEO対策のために必須になるので、必ず導入しておきましょう。

 

このプラグインを検索する際、「Google XML Sitemaps」と入力すると出てきます。

 

 

③:UpdraftPlus

 

UpdrafiPlusは、ワードプレスのバックアップを取るためのプラグインとなっています。

 

バックアップを取ると、万が一、データが消えたときでも復元できたり、HTML・CSSをいじるときも安心して上書きできます。

データが消えたり、バグが起きると取り返しがつかないため、ワードプレス内の情報のバックアップは必ず取るようにしましょう。

 

 

④:Autoptimize

 

Autoptimizeは、ワードプレスのソースコードを圧縮し、読み込みを高速化するプラグインです。

 

ブログを読み込む際、必ずHTML・CSSというコードを読み込んで表示するのですが、コードを最適化することで読み込み時間を短くし、SEO対策ができます。

難しいプログラムの設定を、簡単な設定だけですべてやってくれるプラグインになっているので、是非導入しましょう。

 

 

⑤:EWWW Image Optimizer

 

EWWW Image Optimizerは、ブログ内に載せる画像を圧縮するプラグインです。

 

サイトが重くなる主な原因が、画像サイズが大きいことなのですが、この問題を解決してくれます。

 

どうしても画像を使った方がサイト全体が見やすくなるため、導入しておきましょう。

 

 

⑥:Contact Form 7

 

Contact Form 7は、お問い合わせフォームを作成できるプラグインです。

 

グーグルアドセンスに合格するための条件の一つとして、「お問い合わせページの掲載」があるのですが、このプラグインを使えばすぐにクリアできます。

 

設定も簡単にできるため、ワードプレスを開設したらすぐに導入しましょう。

-ブログ

© 2021 カレッジ・ルート Powered by AFFINGER5