大学生

【大学生】実家を出て一人暮らしをするのはカンタンな話【デメリットなしです】

 

ケント
今は実家暮らしをしている大学生なのですが、一人暮らしがしたいです。具体的に一人暮らしをする方法や、注意すべきことを教えてほしいです。

今回は、こんな悩みに答えます。

 

 

大学生が一人暮らしをするのは、思っているよりカンタンです。

 

ほとんどの大学生は、バイトで稼ぐ+仕送りで生活できているので安心を。

 

今回の内容

  • 一人暮らしは誰でもできる
  • 大学生協を使えばOK
  • 一人暮らしを経験するべき

 

この記事を読めば、一人暮らしのハードルがかなり下がり、「一人暮らししようかな。」と思えるようになりますよ。

正直、学生でも一人暮らしはカンタンなので。

 

 

一人暮らしは誰でもできる

 

先ほども言いましたが、一人暮らしのハードルは低いです。

その理由から説明していきます。

 

 

バイト+仕送りで生活していける

 

一人暮らしの生活費は、学費を除いて、一ヶ月で10万円ほどあれば十分暮らしていけます

 

となると、バイト代が月7万円だったら、仕送り3万円とかでいけますよね。

 

モノを買いたかったり、遊びたければ、バイトをより頑張るか、節約すればいいだけの話なので、難しく考える必要はありません。

 

 

時給の高いバイトをするべき

 

ここで少し注意点です。

 

生活していく上では、バイトをする必要があるのですが、ゆっくりする時間もほしいですよね。

 

こう考えると、時給の高いバイトを探すべきです

 

大学生のアルバイトとして、

  • 家庭教師
  • 結婚式場

 

このあたりが時給が高いため、オススメです(もちろん自分に合ったものでOKです)。

 

一人暮らしをした後の話なので、こういうものか、と思ってもらうだけで大丈夫です。

 

 

奨学金は使わない方がいい

 

大学に通う上で、考えることが「奨学金」についてですよね。

 

一般に、

奨学金 = 将来の借金

 

となるため、オススメはできないです。

 

 

大学に行く意味を考えるべき

 

ケント
奨学金を使わない方いいのは分かりますが、仕送りに頼るのはどうかと思います。

家庭によっては、さまざまなケースがあります。

 

しかし、お金の問題以前に、

「奨学金を払ってまで、大学に行く意味はあるのか?

と自問するべきです。

 

大学の定義として、

大学(だいがく、英: collegeuniversity)は、学術研究および教育における高等教育機関。

出典:ウィキペディア

ウィキペディアには、こう書いてあります。

 

要するに、大学は勉強したい人がする場所なので、実家暮らしで生活費をおさえられるなら、わざわざ一人暮らしをする必要もないことを、頭に入れておいてください。

 

逆に、仕送りはないけれど、大学で勉強したい意欲が高いのなら、奨学金を考えても良いです

 

アルバイトだけで大学生活していたという、すごい記事があったので紹介します。

【仕送りなし大学生】アルバイト代だけで一人暮らししてました【費用や生活費などまとめ】

 

この方は、仕送りなしで一人暮らしをする場合、奨学金をオススメしていますね。

 

ごめんなさい。ごちゃごちゃしてきましたね。

まとめると、バイトだけでは維持が難しいため、生活費や仕送りによって、奨学金も考えるべき、ということです。

 

 

大学生協を使えばOK

 

一人暮らしをしたいなら、大学生協を利用するべきです。

 

 

手続き等がラク

 

大学生協を利用する一番のメリットは、家探しがラクだからですね。

 

生協の人が、学生向けに丁寧に物件を教えてくれます。

 

 

日程が決められている

 

大学生協を利用すると、日程が決められており、行動しやすくなる、というメリットがあります。

 

具体的には、

  • 説明会の日時
  • 受付期間
  • 空いているかの確認

 

基本的に期限があるので、行動しやすくなり、結果的に一人暮らしがしやすくなります

 

これは普通っちゃ普通ですが、一人で全部やるとなると、面倒くさいですね。

 

生協だと超ラクです。

 

 

生協じゃなくても大丈夫だけれど…

 

ケント
生協だとお金が余計にかかるのでは?

こう思う人もいるかと思います。

 

これは間違いですね。

 

生協と不動産会社の違いとして、

  • 物件の数

 

これだけなんですよね。

 

もちろん、物件によっては、値段や設備が異なりますが、不動産会社の方が、物件の数が多いだけです。

 

「生協は、値段が高くなっている」なんてことはないので、大丈夫です

 

生協だと、大学生のためのアパート(学生アパート)がほとんどなため、安心もできますね。

 

 

一人暮らしを経験するべき

 

これは、私の意見ですが、一度は一人暮らしを経験するべきです。

 

 

経験するまで分からない

 

基本的に、決断に迷いがある場合は、経験しなければ分からないことが多いです

 

自分が「やってみたい!」と思うことであれば、やるべきです。

 

しかも、一人暮らしすることは、ハードルが低めなんですよね。

 

一人暮らしをして分かることもたくさんあるので。

 

 

向き不向きはある

 

一人暮らしは、一人でいる時間が長くなるため、一人の時間が好きかどうかは大事になってきます

 

私の場合、

「一人暮らしチョー楽しい。誰かに合わせることはなくて、ラクすぎる。」

 

このパターンでした。

 

大学の友達の場合、

「一人暮らしが寂しくて、ツラい…。涙が出てくる。。」

 

この人は、週に一回、実家に帰っていたと言っていました。

(特に女の子はこれが多いかもです。)

 

これは、実際に一人暮らしをしないと、分かりませんね。

 

 

ダメだったら、実家に帰ればいい

 

一人暮らしはするまで分からない、と言いましたが、ダメだと感じたら、帰ればいいだけの話です

 

現に、これを読んでくださっている人は、実家からも通えてるわけですので、それでOKじゃないですか。

 

一人暮らしは自分に向いてない、と分かっただけ、プラスですので。

 

 

まとめ

 

なんだか長くなってしまったので、軽くまとめておきます。

 

POINT
  • 一人暮らしは、仕送りの額で生活が大きく変わる
  • 奨学金を使ってもいいが、その意味を考えるべき
  • 物件探しは、生協に頼るべき
  • 一人暮らしを経験するべき

 

今回はこんな内容でした。

 

「一人暮らしをしたい。」と少しでも思ったら、一人暮らしをしてみるのをオススメします。

 

特に、大きなデメリットはありませんので。

-大学生

© 2021 カレッジ・ルート Powered by AFFINGER5